仲介手数料無料・半額とは

仲介手数料無料・半額の不動産屋さん > 仲介手数料無料・半額とは

仲介手数料とは

マンション・一戸建て・土地などの不動産を購入する場合、一般的には不動産ポータルサイトや新聞折込チラシなどで物件情報を入手し、その物件を取り扱っている不動産会社を通じて購入することになります。 その際、不動産会社に対して支払うことになるのが、「仲介手数料」です。 不動産の仲介手数料は、「売買価格の3.15%+63,000円」(売買価格400万円超の場合)という上限額が法律で定められていて、この上限額を超えてお客様からお金をいただくことは禁じられています。

多くの不動産会社が法定上限いっぱいの仲介手数料を請求しています!

仲介手数料について法律で定められているのは、“これ以上多額のお金を受け取ってはいけません”という法定上限額なのですが、多くの不動産会社は規定の仲介手数料として、法定上限いっぱいの金額をお客様に請求しています。それでは、法定上限がどれくらいの金額になるのか見てみましょう。

物件価格 計算方法 法定上限
仲介手数料
2,000万円 ×3.15%+63万円 693,000円
2,500万円 850,500円
3,000万円 1,008,000円
3,500万円 1,165,500円
4,000万円 1,323,000円
4,500万円 1,480,500円
5,000万円 1,638,000円
物件価格3000万円の場合、一般的な不動産会社の仲介手数料は法定上限額約100万円にもなります!
個人のお客様にとって仲介手数料の法定上限額は大きな負担になっています!

「仲介手数料は少しでも安い方がいい」とお考えのお客様は、
「仲介手数料無料・半額の不動産会社」をご利用ください。

上記のように仲介手数料の法定上限額は、不動産購入を検討する個人のお客様にとって大きな負担となる金額です。当サイト掲載の不動産会社では、この大きな負担となる仲介手数料を、無料又は法定上限の半額にすることで、不動産流通を促進するとともに、お客様に満足を提供したいと考えています。
「仲介手数料は少しでも安い方がいい。」とお考えのお客様は、是非とも「仲介手数料無料・半額の不動産会社」をご活用ください。

一部の会社では仲介手数料の割引率が異なる場合があります。
詳細についてはそれぞれの不動産会社にお問い合わせください。

当サイト掲載の不動産会社の仲介手数料

  • 仲介手数料無料の場合

    新築一戸建てのように建売業者が売主となる物件は、成約すると売主側からも仲介手数料をいただくことができます。 一般的な不動産会社は売主・買主双方から仲介手数料を受け取っていますが、当サイト掲載の不動産会社は売主からの仲介手数料のみで運営しています。
    買主となる一般のお客様は仲介手数料無料となります。

    住宅ローンをご利用のお客様は別途ローン事務手数料が必要となる場合があります。
    新築一戸建てでも仲介手数料無料にならない物件もございます。
    詳しくは各不動産会社にお問い合わせください。
  • 仲介手数料半額の場合

    売主から仲介手数料がいただけない物件については、一般的な不動産会社は法定上限いっぱいの仲介手数料を受け取りますが、当サイト掲載の不動産会社は仲介手数料半額で運営しています。
    買主となる一般のお客様は仲介手数料半額となります。

    一部の会社では仲介手数料の割引率が異なる場合があります。
    仲介手数料無料の新築物件のみを取り扱う会社もありますのでご注意ください。
    仲介手数料額の詳細については各不動産会社にお問い合わせください。
仲介手数料無料・半額にできる理由
オンライン不動産マーケット・フェアプライズ関連サイト

不動産事業者様

  • 不動産開業 フェアプライズ加盟店

    不動産仲介業の独立開業に最適!仲介手数料無料・半額【フェアプライズ加盟店】

  • 不動産 ホームページ 物件個別紹介型不動産ホームページASP【RISE】

    「お客様の囲い込みによる成約率アップ」、「物件更新作業の大幅な省力化」を実現するWEBシステム

  • 不動産研修インターネット反響営業プログラム

    インターネット反響の商談率・成約率をアップさせる実務ノウハウ営業研修

  • 不動産集客リージャスワークス

    “インターネット反響営業を強化する”不動産・住宅業界専門のWEBマーケティングカンパニーです。

  • 不動産営業ブログ
不動産事業者様
掲載会社を募集中です! 掲載会社を募集中です!